基  本
パソコン本体
ソフト・OS
インターネット
周辺機器
 
 プログラム作成
 ネットワーク構築
 出張指導
 インターンシップ
 Q&A
 BBS

 Aout us

 リンク
 コンタクト




Q&A

”M”や”G”などの記号はどんな意味
 

CPUの動作周波数やメモリー、HDDの記憶容量などは、100万や10億といった大きな数字になります。逆に、動作にかかる時間や微細な加工技術などでは、100万分の1や10億分の1といった小さな数字を使います。

これらの数値を表現するときに、使われるのがMやG、μなどの補助単位です。これらは10の何倍かを表すもので、1000倍大きくなったり、小さくなったりすると次の補助単位が使われます。

ただし、コンピュータの世界では2進法が使われているので、2進法で切りのいい1024(2の10乗)で、補助単位を切り替えることもあります。

k(キロ)

1000

K(キロ) 1024
M(メガ) 100万(または2の20乗)
G(ギガ) 10億(または2の30乗)
μ(マイクロ)  100万分の1
n(ナノ) 10億分の1

 



bty@pearl.ocn.ne.jp
Copyright 2002, Allrights Reserved. Yano System Institute Co. Ltd.